西船橋のチェーン系串カツ屋(改めて思い出してみると、西船橋の北口と南口のそれぞれに1軒ずつオープンしてた)で飲んでたら、串カツメニューの中に「チューリップ」があるのに気づいて頼んでみた。

一見すると、ただの唐揚げ…ではあるが、一応、骨付き肉だ。確か、関西あたりでは「チューリップ」は普通に居酒屋でも置いてあるくらいのベタなメニューだったかもしれないが、首都圏で見かけることは珍しいよ。ま、見た目通り、フツーの唐揚げの味付けだが、骨付き肉を揚げてあると、なんとなく旨いと思ってしまうのが不思議だ。もちろん、ビールとの相性は悪くない。

いわゆる、チューリップ
いわゆる、チューリップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください