先日、船橋市の漁港で朝市をやっていると聞きつけたので、早起きして行ってみた。

どうやら、船橋漁港の水産会社の直売所で行われていて、日本各地の有名な朝市と比べると規模は小規模かもしれない。参加しているお店が10店舗ちょっとくらいだろうか。でも、船橋漁港で揚がったスズキの裁き方が勉強できる体験教室とか、米油(どうやら、漁港の近くに工場があるらしい)や、西船橋産の小松菜とか、あと、東京湾で採れるホンビノス貝など、ちょっと変わったモノを売ってた。地産地消と叫ばれている割には、地元のものって意外と買いづらいというか、どこで売ってるかすら皆目見当が付かないことが多いので、こういう場は貴重かもしれない。

スズキの唐揚げとか、軽乗用車に乗せた窯で焼いたピザ(漁港近くのイタリア料理のお店が出店していたっぽいけど、ピザを移動販売できる設備を持っているなんてなかなかスゴイ)なんかも売られてて、なかなか濃い朝市かもしれない。

船橋漁港の朝市はこじんまりとしていたけど、旨そうだった。
船橋漁港の朝市はこじんまりとしていたけど、旨そうだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください