先日、コンビニでビールを買おうとしてたら、こんな缶が並んでいた。

取手づくり…っていう一番絞り
取手づくり…っていう一番絞り

一見すると、キリンの一番絞りっぽいけど、よーく読むと「取手づくり」と書いてある。コンビニの冷蔵庫のアルコール棚なんて、日々、新しい商品が投入され続けるので、これもまた新製品かと思ったら茨城県取手市にある、キリンビール取手工場で作った一番絞りってことらしい。フツーの一番絞りの味をはっきり覚えていないので、「おぉ、これが取手づくりかぁ…!」という感動もなかったけど、なんかちょっと珍しかった。

しかしまぁ、この手の飲み物は輸送費がかかりそうなので、地産地消じゃないけれど、消費地に近いところで生産したものを飲むのが売り手には効率的だし、鮮度の高いモノが飲めるなら消費者にとってもメリットあるしなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください