近所のショッピングモールに崎陽軒のシュウマイを買いに行ったら、なにげに「幕の内弁当」が売られていることに気がついた。崎陽軒の弁当というと、いつもはシュウマイ弁当を買っていたけど、たまには…ってことで幕の内弁当を買ってみた。

崎陽軒の「幕の内弁当」。包み紙は普通。
崎陽軒の「幕の内弁当」。包み紙は普通。

シュウマイ弁当と比べると、弁当箱自体が少し大きめ。あと、シュウマイ弁当の弁当箱が全体が経木の弁当箱だったけれど、幕の内弁当ではご飯の下に経木が敷いてある(湿度を吸収するんだとおもう)ものの、弁当箱全体はプラスチックになっていた。あと、シュウマイ弁当ほどはシュウマイを押していないせいか、シュウマイが5個から3個に減っている。ただし、シュウマイ以外のおかずのバリエーションは少し増えている気がする。

崎陽軒の「幕の内弁当」。シュウマイ弁当とちょっと違う
崎陽軒の「幕の内弁当」。シュウマイ弁当とちょっと違う

海老フライを始めとして、揚げ物が少々入っているのと、卵焼きもシュウマイ弁当では見かけなかった気がする。確かにおかずのバリエーションが増えているのはありがたいけど、値段も上がっている(確か、幕の内弁当は1,000円くらい)わけで、シュウマイ弁当が意外にも必要充分であったことを再認識した気がする(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください